相続税の疑問をスッキリ解消

相続税に関するさまざまな疑問を、当サイトでスッキリ解消してください。

相続税の非課税枠はいくらか?

相続税に非課税枠があることを知っていますか?
相続税の非課税枠は大別して3つに分けられます。
①人数によって決まるもの、②みなし相続財産に適用されるもの、③相続財産からマイナスできるもの、の3つです。
まず、基本的な①は3000万円+相続人×600万円の金額が非課税となります。
次の②では、みなし相続財産(生命保険金や死亡退職金など)という遺産分割協議をしなくてもよい相続財産のことです。
この相続財産に対しては500万円×相続人が非課税となり、これは他の相続財産とは分けて計算されることになります。
さらに最後の③ですが、相続財産の中から借金を相殺して相続税が計算されます。
ただし、だからといって借金をすることが相続に際しての税金対策に必ずしもなるわけではありません。
なぜなら、仮に相続の直前に借金を1000万円したとしても現金として1000万円のお金を手に入れているわけです。
つまり、この方法では相続に際して借金をしなかったことになりますので、そもそもの相続財産に対して課せられる税金は全く増減しないのです。
ただし、相続財産の中にも対象外になるものがあります。
例えば、お墓や仏壇、香典や葬儀費用です。
こういった例外的なものも考えて相続に際しての税金を考えていくことも大切です。
ただし、過度な税金対策は脱税とみなされることもあるため、その匙加減には注意が必要です。
そういったことは、相続について専門にしている税理士に相談するとよいでしょう。