相続税の疑問をスッキリ解消

相続税に関するさまざまな疑問を、当サイトでスッキリ解消してください。

いくつかの種類がある相続税の非課税枠

亡くなった方の財産を貰い受ける際には、相続税という税金がかかります。
ただし、財産の相続を行う際には絶対に税金がかかるかと言えば、一概にそうとは言い切れません。
貰い受ける財産の額が一定以下である場合には税金がかからないことになっているからです。
このように課税されることがなく貰い受けることができる財産の枠のことを非課税枠と呼びます。
相続税の非課税枠には、いくつかの種類があります。
1つは、相続する人数によって変動する枠です。
2015年1月1日以降に財産を相続する場合、法定相続人1人につき600万円と、それにプラスして3000万円が非課税となります。
例えば、法定相続人が4人いる場合、2400万円に3000万円を足して、合計5400万円が非課税となる計算になる訳です。
次に、みなし相続財産に対して適用される枠もあります。
みなし相続財産とは、死亡退職金や生命保険の保険金など、遺産分割協議の対象ではないけれど相続財産の一種と見なされて課税対象にはなるという財産のことを指しています。
これらの財産では、法定相続人1人につき500万円が非課税枠となるのです。
ですから、先ほどの例と同じく法定相続人が4人ならば、みなし相続財産が2000万円未満ならば課税されません。
それから、相続した財産の中にプラスの財産だけではなく負の財産、いわゆる借金が含まれていた場合にも、非課税となる枠が設けられることになります。
具体的には、プラスの財産のうち、借金の額に相当する分には税金がかけられずに済むのです。